みんなの敵性語広場

昭和十六年の対米開戦後、敵性国語廃止の主唱者陸軍は、此の兵食の英語みたいな呼称に困惑し、「辛味入り汁かけ飯」と改めさせたというエピソードが残っている。

阿川弘之『食味風々録』 新潮社 2004年 15ページ
戦時中、英語の使用を法的に禁じていた事実はありませんでした。英語使用を取り締まる法規が存在しないかわりに、「好ましからざる行為」や「けしからん風潮」として、有形無形の社会的圧力や自主検閲により使用が制限されていました。つまるところ、村社会特有の明文によらない不可視のルールによる事実上の規制がまかりとおっていたことになります。程度の差ことはあれ、このあたりは今も昔も変わりませんね。あくまで法規によらない「規制」であったことから、敵性語の排除は完全に、当時の表現でいえば挙国一致的に、使用の制限が徹底されていたというわけではなく、例えば軍隊においても(全体ではないにせよ)現場レベルでは日常的に英語(英単語)が使用されていました。戦前に比べるとコマ数が減少したり、必修科目から外されたとはいえ、英語の授業自体は依然として行われており、戦時中に文部省の検定をパスした英語の教科書が発行されています。
本来は交戦国の言語を忌避すべきところを、ヒステリックにカタカナ語全般を目の敵にした結果、本来は攻撃対象にすべきではない枢軸同盟国の言語が槍玉に挙げられたこともあったそうです。
敵性語を排除する動きが激しかったのは、海軍よりも陸軍でした。イギリス海軍を範として発展してきた海軍の場合、突如として敵性語(英語)を排除すると、実際の業務に支障をきたすおそれがあったからです。英語由来のカタカナ語の代替として漢字による急造の用語をあてがったとしても、現場が混乱するのは目に見えており、現実的な利益がまったくないものと判断されて、敵性語(カタカナ語)狩りが行われませんでした。
敵性語狩りが行われたのは何も日本に限ったことではありません。第一次世界大戦の米国においてもドイツ語が敵性語狩りの槍玉に挙げられています。具体例を挙げると・・・「ハンバーガー → リバティ・サンド」「ザワークラウト → リバティ・キャベツ」
敵性語 愛国語
カレーライス 辛味入汁掛飯(からみいりしるかけめし)
サイダー 噴出水(ふんしゅっすい)
フライ 洋天(ようてん)
キャラメル 軍粮精(ぐんろうせい)
コロッケ 油揚げ肉饅頭

2013/9/14作成
以後適宜追加改定予定